今や”国民食”ともいえるほど、日本国内で絶大な人気を誇り、またオリジナルの変化を遂げた「カレーライス」。
カレーがインド発祥というのはかなり有名な話ですが、実は日本に最初に上陸したカレーはインド式カレーではなくイギリス式カレーなのはご存じだったでしょうか?
意外と知らないカレーの原点ですが、今回はそんな国民食カレーライス文化のはじまりについて見ていきましょう!

“黄”船来航!?

日本にカレーが入ってきたのは、幕末から明治にかけての時代です。
日米友好通商条約が結ばれ、日本に西洋の商人たちが入ってくると、彼らの使用人などを通じてイギリス式のカレーが日本に伝えられました。
ただし最初にカレーを見た日本人が「食う気になれず」との記録があり、そのファーストコンタクトはあまり良くないものだったと言います。確かに当時の日本食にはまず無い見た目ですしね…。
明治中期に入ると、洋食としてカレーのほかにオムレツやカツレツなどもレストランで食べられるようになりましたが、当時はいずれも大変に高価な料理でした。やがて、中村屋・資生堂パーラー・自由軒・精養軒など、洋食屋やカフェーなどでカレーは人気となり庶民の中にも浸透していきます。

戦争とカレー

その後、日清・日露戦争に突入した日本でもカレーの人気は衰えることがありませんでした。
海軍では、カレーを肉と野菜が取れるバランスの良い食事として採用、この頃に炒めた小麦粉を使ったカレールーを使う、いわゆる「日本風カレー」が完成したといわれています。
余談ですが、現在でも海上自衛隊では毎週金曜日をカレーの日と定めています。
日露戦争後、復員した兵士が全国にカレーを伝え、その味は日本各地の家庭の中へ広まっていきました。

そして国民食へ

太平洋戦争後の1950年、日本初の固形カレールウが登場しました。この固形カレールウは画期的で、今でこそ当たり前に普及している固形ルウですが、この便利さゆえにより多くの家庭でカレーライスが食べられるようになりました。
高度経済成長の流れも受け、忙しい中でも手軽に食べられる即席カレーの誕生など、戦後のカレー人気はさらに増し、名実ともに日本の国民食となるのでした。

最後に

いかがだったでしょうか?家庭料理では大定番のカレーですが、様々な要因があって国民食になったのですね。
日本全国の家庭で食べられているカレーですが、一般的には固形のカレールウを使ったカレーライスが多く、大定番だからこそ飽きが来てしまうもの。
鹿児島市鴨池・真砂にあるCurry Shop グランパでは、厳選した素材を使い、独自ブレンドしたこだわりのスパイスのカレーを提供しています。時間と手間をかけて旨味たっぷりの仕上がりに。そのため、時間がたっても美味しく味わえます。
家で作るカレーも良いけど、たまには本格的なカレーを食べたい!そんな時はぜひをCurry Shop グランパにご来店ください!

  鹿児島市鴨池・真砂で美味しいカレーを食べたいならココ!

Curry Shop グランパのブログ記事へお越し下さりありがとうございます。
当店は、スパイスや原料等にこだわったカレーをテイクアウトでご提供しております。
1人でも多くのお客様に「おいしい!」と喜んでもらえるように日々営業しています。他店では味わえないこだわりのカレーをお召し上がりください。

お問い合わせ電話番号

TEL:

営業時間:11:00~16:00
定休日:日曜日・祝祭日

配達のご依頼はこちら